ハチ駆除ハンター

西東京・埼玉全地域の人たちをハチから守る

スズメバチを自分で捕る罠

スズメバチ駆除の定番ペットボトルによるトラップの作り方

 いろんな危険が潜んでいるスズメバチの巣。 家の周囲にできていた場合などは、いつ刺されるか心配になってしまいますよね。 簡単な予防策として、スズメバチを駆除できるペットボトルのトラップを庭木などに仕かけてみましょう。 女王バチを駆除することができれば、その後のスズメバチの巣作りをストップすることができるようになります。

ハチに巣を作らせないために

 3月下旬から5月にかけて、冬を越えた女王バチが、巣作りのために樹木などに飛来します。 その際、ペットボトルを利用したトラップを作ることで、巣作りのために飛んでくる女王バチを捕まえることができます。

  この誘引トラップによって女王バチを捕えることができれば、その後のスズメバチの巣を作ることができなくなるため、巣を1つ駆除したことと同等の効果が得られるようになるのです。
 そのため、4月~6月頃には家の周囲に蜂が来ていないか点検し、もし飛んでいる蜂を見かけたら、このようなトラップを作ることにより、巣を作らせないようにしましょう。 ただし7月以降になると、女王バチは巣の中で産卵を始め、働きバチなどが大量に産まれるため、その時期からは控えるように注意してください。

トラップを作るために用意するもの

 スズメバチ駆除のためのトラップとしては、以下のものを用意します。 まずは「ペットボトル(1.5リットル~2リットルほどの大きさ、丸い物がベスト)」を準備します。 その次にスズメバチを誘い出すための液体を作ります。

 「酒」300ml、「酢」100ml、「砂糖」125gを混ぜたもの、もしくは「ハチミツ」50g、「水」150mlを混ぜた液体を作ります。 後はトラップを設置するための「ヒモ」を用意すれば、「スズメバチ用ペットボトルトラップ」の準備が整います。

トラップの作り方と設置場所

 用意したペットボトルに、一辺の長さが2センチほどの四角形の穴を4カ所ほどあけます。 その後、ペットボトルには誘引剤となる液体を入れ、「スズメバチ捕獲のための罠です」といった注意書きのステッカーを貼りつければ、トラップの完成です。

 建物に近い場所ではあまり捕獲できないため、トラップは庭木など家の周囲の樹木につり下げるようにしましょう。 地面からの高さは2mくらい、直射日光があたらない場所にトラップを仕掛ければ問題ありません。 もし捕獲状況は悪い場合は場所を変えたり、新しい誘引用の液体を作り直すなどしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です