ハチ駆除ハンター

西東京・埼玉全地域の人たちをハチから守る

部屋に入った来たハチの駆除

スズメバチ、アシナガバチなど蜂が部屋に侵入してきた場合の対処法

 スズメバチやアシナガバチなどが部屋に侵入してきたら、どうすればいいでしょうか? まずは「蜂をそのまま外に逃がす」という方法があります。 今回は、スズメバチやアシナガバチなどが部屋に侵入してきた場合の対処法についてご紹介します。

蜂を外に逃がす

 もし、スズメバチやアシナガバチなどの毒性の強い蜂が部屋に侵入してきたら、どうするのが良いのでしょうか。 まず考えたいのは、「外に逃がす」ということです。 毒を持って攻撃性が強い蜂ですので、刺されると大変です。

 退治しようとした結果、蜂を刺激してしまい襲われてしまう可能性があります。 そのため、外に逃がしてしまうのも良いでしょう。 蜂を逃がすには、虫の習性を活かします。 まず窓を開け、部屋の中を暗くします。 虫は暗いところから明るいところへ誘導されますので、部屋の中が暗くなることで、明るい屋外へと飛んでいくのを待ちましょう。
 蜂は黒色のものを攻撃する習性がありますので、できる限り白いものを身につけ、頭や肌の露出を避けるようにしましょう。

まずは慌てないことが大切

 スズメバチやアシナガバチなどの蜂は夏から秋頃が繁殖の時期を迎えるため、最も行動的になります。 そのため、部屋の中や、時には車の中などにいきなり侵入してくるケースも考えられます。

 その際に大切なのが、「とにかく慌てない」こと。 いきなり蜂が侵入してきたのを見て、慌てて手ではらいのけようとしたり、怖がって悲鳴を上げたりすると、蜂を興奮させてしまいます。
 攻撃態勢に入らせてしまいますので、まずは慌てず、冷静に対処することを心掛けてください。 侵入してきた蜂も、巣とは違う場所にいるため、むやみやたらに攻撃するわけではありません。 こちらから刺激しなければ、刺されることはほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です